「ASIOS」―超常現象を懐疑的に調査する会―のメンバーによるブログ。

2009年09月27日

JTBカルチャー倶楽部で超常現象謎解き講座(追記あり)

※10月2日追記:計3回のうち、どれか1つだけの参加も可能になりました。参加費は各2625円です。

 本城です。
 10月、11月、12月の計3回、JTBカルチャー倶楽部でASIOSが超常現象の謎解き講座(少人数制)を開くことになりました。

【日程・講師】
第1回 10月24日(土) 山本弘さん
※無事終了しました。

第2回 11月28日(土) 原田実さん
※無事終了しました。

第3回 12月26日(土) 本城達也
※無事終了しました。

【時間】
各回とも19:00〜20:30
(お仕事の都合などで遅れて参加されてもOK)

【内容】
怪奇現象、心霊写真、超能力捜査、超古代文明、オーパーツ……テレビや雑誌、本などで取り上げられる題材をもとに、 本講座では3人の講師がそれぞれ懐疑的なスタンスで検証を行い、わかりやすくオカルトの真相を解説していきます。

※10月2日追記:第1回目は、ビデオとモニターを使い、実際のオカルト番組の一部を流しながら、解説を進めていきます。ただ流すだけでなく、同じ箇所を再生したり、スローや静止画面にして、画面に映るトリックの証拠を探したり、実際に現地で撮影した映像と比較して、番組スタッフが捏造している箇所を解説していきます。

※10月27日追記
【第2回目の内容】
沖縄・与那国島沖の海底に謎の古代遺蹟? ピラミッド建造はエジプト文明より前? 日本にキリストの墓があった? 古代文明は宇宙人に指導されていた? またも発見、卑弥呼の墓? テレビの歴史バラエティ番組に幾度も取り上げられてきた怪しい話、それらを懐疑的視点から楽しむ方法を伝授いたします。

【第3回目の内容】
プロの霊能者を実際に検証した未公開実験の顛末、これまで真相が判明している心霊写真の傑作選、細木数子の霊感商法の実態を現物の資料を提示しながら解説など、その他にもテレビや本で取り上げられる超常現象について、懐疑的に調べた真相を解説していきます。


【場所】
埼玉県越谷市 イオンレイクタウン「mori」-2F 「JTBカルチャー倶楽部」
JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」から、センターブリッジを通り、mori 2階 「トラベルストリート」へ。お車でお越しの場合、mori駐車場は土曜日無料です。
また、イオンレイクタウンは東京ドーム約5個分の広さがある日本最大級のショッピングセンターです。とにかく大きいので、お越しの際は事前にフロアマップで確認されることをお勧めします。

【参加費】
各2625円(※10月2日追記:都合のつくどれか1回だけの参加も可能になりました)
※ 通常、JTBカルチャー倶楽部の講座を受講するには、入会金として別途5250円がかかりますが、お申し込みの際に「アシオスのブログを見た」とおっしゃっていただければ無料にしていただけるそうです。

【お申し込み方法】
JTBカルチャー倶楽部 TEL:048-990-1305
(受付時間 10:00〜21:00・年中無休)

興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
posted by ASIOS at 08:56| Comment(10) | TrackBack(1) | ASIOS更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

字幕付き動画

 本城です。
 ASIOSのサイトでは「懐疑的な動画」というページで字幕付きの動画を公開しているのですが、数ヶ月前からリンク先の動画再生ページ(kadoTV)が「リニューアル作業のため一時休止中」となっていました。

 一時休止中ということは、いずれ復活するんだろうと待ってみたものの、一向に再開する気配がありません。さすがにおかしいな、と思って該当ページをよく見たら、下のほうに小さく「本サイトは経産省2008年度情報大航海プロジェクトの実証実験として、角川メディアマネジメント(角川マーケティング)が運営していました。実験は終了しました」と書いてあることに気づきました。

 一時休止じゃなくて、もう終了しちゃったんでしょうか?? kadoTVは字幕に色が付けられて、わかりやすかっただけに残念です。

 今後については、再開の見込みがないならこのままにしておくわけにはいきません。幸い、最近クイック・アンケートで、「YouTubeでは現在、アップした動画に簡単に字幕を追加させる機能が備わっています」と教えてくださった方がいたので、今後はその方法で字幕をつけるようにしたいと思います。
posted by ASIOS at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ASIOS更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ムー大陸の記事の訂正

 本城です。
『謎解き 超常現象』内にて私が担当した「ムー大陸」の記事にて誤りがありました。以下にその箇所と訂正情報を記します。

【修正箇所】
86ページ注釈(4) 
チャーチワードの生まれ年
1852年(×)→1851年(○)

『失われたムー大陸』の出版年
1931年(×)→1926年(○)

【追記・修正箇所】
86ページの12〜16行目
「しかしアメリカのSF作家で、超古代文明にも詳しいライアン・スプレイグ・ディ・キャンプがチャーチワードの過去について調査したところ、彼は『10代の頃から英国軍に従軍し、世界各国へと赴いて遺跡などを調査していた』と主張していたにもかかわらず、なぜか若い頃にアメリカで、『A Big Game and Fishing Guide to North-Eastern Maine』という釣りのガイドブックを書いていたことを明らかにしている」

--------------------------------------------------------

 藤野七穂さんより、この『A Big Game and Fishing Guide to North-Eastern Maine』の出版時期には誤りがあるため、10代の軍歴批判としては有効ではないとのご指摘を受けました。本文では「若い頃に」とありますが、実際に出版されたのはチャーチワードが47歳のとき、1898年であるといいます。確かに、その根拠として示されたジェームズの曾孫ジャック・E・チャーチワードによる「ジェームズ・チャーチワード年表─ジェームズに関する年代順の議論」(“James Churchward Timeline - a chronological discussion of James”2005)や、アメリカ議会図書館の書誌データを確認したところ、出版年は1898年であることがわかりました。
 よってご指摘のとおり、本文にあるチャーチワードの著書を根拠にした軍歴批判は有効ではありませんでした。謹んでお詫び申し上げ、ここに訂正する次第です。(以上のことは『謎解き超常現象』の4刷でも訂正とお詫びを記しました)

 なお、その他の
「軍人のデータベースにチャーチワードに該当する人物の記録はない」
「チャーチワードが自説の最大の根拠としている、インド駐留時に高僧から見せてもらったという粘土板も実在がまったく確認されていない」
 ことなど、総じてチャーチワードの話の信憑性が低い点には変更ありません。
posted by ASIOS at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ASIOS更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

開運ブレスレッド

 本城です。
 2週間ほど前になりますが、開運ブレスレッドの販売業者が特定商取引法違反で業務停止命令を受けたそうです。違反内容は、表示義務違反、虚偽・誇大広告、顧客の意に反する申込みなど。

開運商法:苦情から高額を請求 大阪の2社に業務停止命令(毎日新聞)
特定商取引法違反事業者に対する行政処分について(経済産業省)

 開運グッズといえば、よく雑誌の広告に載っているやつですね。経済産業省が発表した資料(PDFファイル)を見ると、9ページあたりから実際どのように騙されたのか、その具体的な手口が紹介されています。

 どうも客によって要求する金額や細かい内容は違っているようですが、大まかには下記のようにまとめられそうです。

(1)広告に宝くじが当たった人や、借金を完済した人の体験談を載せ、開運ブレスレッドを買って身につければ7日以内に願いが叶うかのように宣伝。

(2)7日以内に効果がなければ返金保証する、と謳うことで客を引きつけ安心させる。

(3)しかし実際に購入して効果がなくても、すぐに返金には応じず、1年間のアフターケアを無料で受けてからだと言う。

(4)無料の電話相談や霊視の中で、客に対し、効果がなかったのは邪気がついているからだ、それをお祓いしなければ幸運にはなれないなどと言って不安感を煽り、高額な祈祷料を払わせる。

 やっていることは典型的な霊感商法とあまり大差がないようです。ただ、「返金保証」と「無料のアフターケア」は重要なポイントだと思います。特にアフターケアは有料だったら、その時点で胡散臭さに気づいて受けない人も多いのでしょうけど、それが無料だと、つい受けても損はないと思ってしまうのでしょう。

 また、このような広告で「返金保証」とあっても、こういった仕組みを使えば結局高額を要求されることになるんだ、ということは知っておいて損はないと思います。注意したいところです。
posted by ASIOS at 16:44| Comment(3) | TrackBack(0) | オカルトニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

ASIOSの活動報告(2009年5月〜8月)

 本城です。
 ASIOSの活動報告をします。もともと5月から公式サイトのリニューアルを進めていまして、活動報告は新サイトの専用ページで行う予定だったのでしばらく書きませんでした。しかし、リニューアル作業が予定より遅れているため、引き続きブログの方で報告することにします。

 なお、長い期間にまたがるので以下には書きませんでしたが、下記の活動と平行してアポロ陰謀論FAQのページも作成中です。

【5月】
5月2日
 1978年12月に広島で起きたUFO事件について問い合わせがありました。この件は本城が担当して調べました。

5月3日
 新たに客員として、寺薗淳也さんが加入しました。

5月8日
 蒲田さん、中井さん、本城がSkypeを使って会議を行いました。

5月14日
 大学で教員を務めるDavid Gannさんから、ジュニア・スケプティックについて協力を求める問い合わせがありました。この件は蒲田さんと中井さんが担当しました。

5月17日
 東京で会合を開きました。参加者は秋月さん、寺薗さん、中井さん、長澤さん、本城、皆神さんに加え、CFIのマイケル・ブランドンさんとTokyo Brightのカラ・ベッシャーさんが参加しました。

5月23日
 フランスでUFO事件を調べている方から、日本のUFO事件について問い合わせがありました。この件は山本さんと本城に加え、Spファイルのメンバーにもご協力いただいて対応しました。

5月25日
 ASIOSへの加入について高校生の方から問い合わせがありました。この件は本城が担当しました。

5月26日
 蒲田さん、中井さん、本城がSkypeを使って会議を行いました。

【6月】
6月8日
 日本テレビの「スッキリ!!」から取材があり、石川県で起きたファフロツキーズ現象について取材に応じました。

6月12日、13日
 本城が石川県で起きたファフロツキーズ事件を現地調査しました。

6月19日
 本城が埼玉県で起きたファフロツキーズ事件を現地調査しました。

6月26日
 秋月さん、石川さん、中井さん、羽仁さん、藤野さん、本城、皆神さん、他ゲスト1名が集まって東京で会合を開きました。

6月27日
 新たに客員として、藤野七穂さんが加入しました。

6月28日
 本城と中井さんが「Tokyo Brights」のミーティングにゲストとして参加し、いくつかの調査についてプレゼンを行いました。

【7月】
7月3日
 本城が埼玉で起きたファフロツキーズ事件を再度現地調査しました。

7月4日
 寺薗さんが宮城県で起きたファフロツキーズ事件を現地調査しました。

7月12日
 韓国のテレビプロデューサーから、ロシアの超能力少女の件で取材の依頼がありました。この件は山本さんが応対しました。

7月19日
 カルチャースクールの主催者から講師の依頼がありました。この件は現在、話し合い中です。

7月22日
 皆神さんと本城が、都内の出版社で打ち合わせを行いました。

【8月】
8月9日
 超能力があるかもしれないという方から問い合わせがあり、調査を依頼されました。この件は本城が担当しました。その後のやり取りの結果では、統合失調症の症状が見られることが判明したため、専門医に診てもらうことで諸症状の改善をはかることになりました。

8月13日
 水族館で見知らぬ白い女性が写った心霊写真を撮ってしまったという方から問い合わせがあり、解明を依頼されました。この件は本城が担当しました。
 その後の調査の結果では、円柱の水槽の反対側に立っていた女性が水槽ごしに透けて見えていたことが原因であると判明しました。

8月14日
 秋月さん、中井さん、藤野さん、本城、皆神さん、横山さんが集まって出版社で打ち合わせを行いました。

8月19日
 メンバー募集の件で問い合わせがありました。この件は本城が担当して返信しました。

8月21日
 CFIのエリック・エックさんから連絡がありました。来日するそうなので、9月にミーティングを開く予定です。

8月27日
 超能力の検証実験に関する企画の持ち込みがありました。今のところ石川さんに代表して担当していただこうと考えていますが、不安な要素が多くあるので企画自体どうなるか未定です。
posted by ASIOS at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ASIOS更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする