「ASIOS」―超常現象を懐疑的に調査する会―のメンバーによるブログ。

2010年09月23日

『極限世界のいきものたち』

 本城です。
 ASIOSの横山雅司さんが新刊を出すことになりました。『極限世界のいきものたち』(彩図社)という本です。

極限世界のいきものたち

極限世界のいきものたち

  • 作者: 横山 雅司
  • 出版社/メーカー: 彩図社
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: 単行本



 本書では、人間ならば到底生きていけないような過酷な環境から、日常のすぐ近くで生息している意外と身近な生きものまで、驚きの方法で生き抜く不思議な生きものたちを全部で69に分けて紹介しています。

 各項目はひとつの生きものにつき、解説とイラストがそれぞれ1ページずつのセット。見開きになっているのでコンパクトで大変読みやすいです。紹介される生きものもバラエティに富んでいて飽きることがありません。

 本書を読んでいると、UMAでなくともこんなにすごい生きものたちが現実の世界にはたくさんいるじゃないか、というロマンを感じさせてくれます。なにしろすべて実在なんです。どんな環境であっても思いもよらぬ解決法で生き抜く生物たちのたくましさと、その多様性には目を見張るばかりです。好奇心の強い方は特に楽しめるでしょう。イラストつきなので小学校高学年以上のお子さんでも楽しんで読めると思います。

 それと本書はあとがきもお勧めです。科学と自然についての誤った考え方に対して、その誤解を解くようにわかりやすい解説がされています。科学を忌避し、自然であることを賛美する方たちにはぜひ読んでいただきたい解説です。

 なお、書店に並ぶのは関東だと9月24日以降。それ以外の地域では27日頃の予定だといいます。黄色の表紙に黒の帯が特徴ですので、お見かけの際には興味を持っていただけることを期待します。
posted by ASIOS at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

ジュセリーノの地震予言

 本城です。
 5月に紹介したブラジルの予言者、ジュセリーノの予言の一部に結果が出ました。

 内容は次のとおり。
「2010年9月15日に東京と横浜でM8.4の地震。7万人以上の死者が出る」

 結果はもうわかっていますね。幸いにも15日に大地震は起きませんでした。この予言は2007年に出版された本に書かれていたものです。
 予言というのは、2、3年先のことを具体的に言うともっともらしく成功します。近すぎると覚えられますし、遠すぎるとリアリティがありません。2、3年先がちょうどいいんです。

 予言の時期になっても、通常は2年前、3年前のことなんて覚えてませんから、仮に外れても予言者にとっては問題なし。当然、自分で検証なんてやりません。しかしだからこそ、他の者が事前の発表であることを確認出来る具体的な予言を、本当に当たるのかどうか、検証していくことが必要です。

 2010年の予言は以下のものが残っています。
・タバコ一箱の値段が10ドルに値上がり。
・消費税は35%に上昇。
・平均寿命は73歳まで落ちる。
・川崎で大地震が起きる。


 どれも日時は特定していないので曖昧さは残りますが(特に最後)、上の三つは日時を特定せずとも2010年中に起こるとはまず考えられないものです。結果がどうなるかは、年明けを待ちましょう。
posted by ASIOS at 15:23| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする