「ASIOS」―超常現象を懐疑的に調査する会―のメンバーによるブログ。

2010年10月27日

ゼカリア・シッチンとパウル君死す

 本城です。
 ワールドカップでは予言タコとして世界的に注目を集めたパウル君が、昨日亡くなりました。もともとタコとしては高齢だったので、死因は老衰だと考えられています。

 死に際しては「実はもっと前に亡くなっていたのだ」という陰謀論が出てきたり、今後はパウル君を主人公にしたドキュメンタリー映画が公開予定だったりと、まだまだ世界の注目を集めそうです。

 それに訃報がもう一件。惑星ニビルの提唱者で、古代宇宙飛行士説の論者でもあったゼカリア・シッチンが10月9日に亡くなっていたとのことです。享年90。
 シッチンといえば、アメリカのスケプティクス・ディクショナリーにて、古代史にまつわる肯定派の作家として、デニケン、ヴェリコフスキーと並ぶトリオとして扱われていた人物。著作数も多く、超古代文明にまつわる話では、強い影響力を持っていた人でした。

 その主張の多くには賛同できなかったとはいえ、亡くなってしまうと寂しいものです。謹んで哀悼の意を表します。 
posted by ASIOS at 20:52| Comment(7) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

金曜ドラマ「SPEC」と「秘密」

 本城です。
 今期は超常系のドラマが他にもあるので紹介します。

「SPEC」 10月15日(金) 22:00〜22:54 TBS
 99年に放送された「ケイゾク」の設定を一部引き継いだ刑事ドラマです。今週は二話目。タイトルにある「SPEC」(スペック)とは普通の人間にはない特殊能力のこと。第一話を見た限りでは、未来を予知する超能力なども含まれているようです。
 このドラマは超能力者が実在する世界の話ですから、そういう設定なのだと思って見れば面白いです。また演出が堤幸彦であるため、TRICKの矢部謙三のパクリがチョイ役で出てきたり、裏番組のルパンが指名手配のポスターに描かれてあったりと、たまにお遊びのシーンもあって楽しめます。
 先週、見逃した方は、公式サイトをざっと見ておくとわかりやすくなっていいと思います。

「秘密」 10月15日(金) 23:15〜24:15 テレビ朝日
 東野圭吾のベストセラー小説「秘密」のドラマ化です。私は原作を読んでいないのですが、公式サイトによれば、「事故によって妻の魂が娘の体に宿ってしまう」ことから始まる話みたいです。
 ちなみに番組の制作会社の方によると、第一話では主人公が超常現象について図書館で調べるシーンにて、『謎解き超常現象』がちらっと映るらしいです。(エンドロールにも)

【10月14日追記】
 15日(金)には「金曜日のキセキ」という番組も放送されるようです。番組表によれば「驚異的な的中率を誇る占い師の軍団が、街角の人々やスタジオゲストの悩みの行く末を占う。司会は船越英一郎。占い師は、透視能力で相談者が抱える問題点を暴き、アドバイスを送る。ほか、日本全国の超能力を持つ人々や超常現象にスポットを当てるコーナーも」とあります。はてさて、どんな人たちが登場するのやら。
posted by ASIOS at 21:38| Comment(8) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

「霊能力者・小田霧響子の嘘」

 本城です。
 超常系の新ドラマが始まりますので、原作と合わせて紹介します。

▼10月10日(日) 23:00〜23:55 テレビ朝日
「霊能力者・小田霧響子の嘘」

 原作は同名タイトルの人気漫画です。

霊能力者小田霧響子の嘘 1 (ヤングジャンプコミックス)

霊能力者小田霧響子の嘘 1 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 甲斐谷 忍
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/02/19
  • メディア: コミック



 主人公は超売れっ子霊能力者の小田霧響子。これまでに数々の難事件をその霊能力で解決・・・しているはずが、実は霊能力があるというのは嘘。並外れた知識と洞察力、そして推理力によって事件を解決していく、というのが本来のスタイルという設定です。

 世間からは超すごい霊能者だと思われていながら、実は霊能力など微塵もないという設定は、ひねりが加えられていて面白いです。ただ、こういう設定だから超常現象に対して否定的なのか、というとそうでもありません。

 明らかに大槻教授がモデルだとわかるキャラが出てきて、いじられていますし、小田霧響子自身も超常現象なんて全部インチキだ、みたいなことは決して言いません。ですから超常現象に肯定的な人でも抵抗なく読めると思います。

 原作は笑いあり、感動あり、本格的な謎解きありで、読みごたえがあります。私は全4巻のうち今のところ3巻までしか読めていませんが、個人的には3巻目が一番面白かったです。

 ただ、今度の新ドラマは原作とけっこう違いがあるみたいですね。原作の小田霧響子は超強気で自信家なのですが、番宣を見るとキャラが全然違うような・・・・・・。あと石原さとみとのルックスの違いも。
 他にサブキャラの谷口君もだいぶ違いますし、秘書の男性二人が出ないかと思えば、原作にはまったく出てこない大島優子演じる従姉妹の芸能事務所社長が出てきたり。

 基本的に、キャラも設定も違うドラマなのだということを前提として見たほうがよさそうです。この違いが良い方向に転んでくれることを期待します。
posted by ASIOS at 16:56| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

「世界7大ミステリー 人体の奇跡SP2」

 本城です。
 今夜の放送ですが、次の番組が放送されます。

世界7大ミステリー 人体の奇跡SP2(10月1日 19:00〜22:48 テレビ東京)
「不老、不死、不食...未だ解明されていない人体のミステリーを徹底解明!さらに、特異な人体の持ち主の数奇な運命を再現しながら、衝撃の"人体の奇跡"に迫る第2弾。
 70年間、食べ物はおろか水分も摂らない男や、一度眠りについたら10日間以上起きないという少女の日常に密着、検証!そして、6歳にして腹筋が8つに割れ、ギネスブックにも載ったマッチョな少年の異常なまでに発達した筋肉とそのメカニズムや、決して癌にならないという謎の一族の秘密を解明!さらに、いくら剣が体を貫こうと死なない不死身の男の更に過激な未公開映像をついに入手!」
(番組表より)

 不死身の男というのはミリン・ダヨのことだと思います。未公開映像は「番組では」ということなのか、それともネットの動画なども含めての未公開という意味なのか。もし後者なら楽しみです。
posted by ASIOS at 10:20| Comment(5) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする