「ASIOS」―超常現象を懐疑的に調査する会―のメンバーによるブログ。

2012年04月29日

エイモス・ミラー事件の資料メモ

※2012年5月14日追記
 UFO研究家・高梨純一さんの1969年の研究誌に載っていたエイモス・ミラー事件についての情報をTogetterに追記しました。http://togetter.com/li/294387

※2012年5月8日追記
 machtさんが「New Zealand scrapbook」の記事を翻訳してくださいました。日本語の内容をお知りになりたい方はmachtさんの記事「エイモス・ミラーについてのテキスト」をご覧ください。

※2012年5月1日追記
 23行目のorをofに訂正し、抜けていた最後の2段落の文章を追加。

 本城です。
 以前から「エイモス・ミラー事件」という興味深い事件を追っているのですが、その資料を整理する場が必要になったので暫定的に新しく記事を書きました。

 今回、新たに入手した資料は「New Zealand scrapbook」(April 1968-September 1968, p165)です。これはカナダの『Midnight』(ミッドナイト)というタブロイド紙がエイモス・ミラー事件を報じ、その記事が地元のニュージーランドで紹介されたときのものです。
※画像はこちら。右上にカーソルを合わせるとフルサイズボタンが表示されます。

 ただし保存状態が悪かったらしく、一部、文字がかすれて読み取りづらくなっています。それでも何とか苦労しつつ、読み取ってみたものが以下のテキストです。もし、ここは違う言葉ではないか、などご意見ありましたらご指摘ください。

※このエントリーは暫定的なものです。今後随時、追記や編集を行っていく可能性があります。

 Spacecraft rays kill kiwi cockie
 FLYING saucers shooting mysterious death-dealing rays have killed a New Zealand sheep farmer. And a secretive Government has hushed the whole business.
 ONE minute Amos Miller, 39, was standing there. Next moment he was on the ground, his head burnt by a ray from a hovering spaceship. Science fiction?

 Better than that. It’s the Canadian brand of way-out journalism.
 Midnight magazine has come up with a sensational story about this flying saucer murder.
 In its lead story Midnight says the incident happened in New Zealand early February this year.
 But Midnight doesn’t say where the killing was.
 It does say that after the autopsy “It was found beyond a doubt that Amos Miller had been murdered by some unknown being or beings inhabiting a strange flying vehicle…”
 With the public welfare obviously driving it onward Midnight says “this is the second case of a death due to a UFO, that Midnight has reported, under the conviction that the public does want to know.”
 With its graphic and grisly photographs of a dead Amos Miller. Midnight seeks to expose the authorities for daring to hide the facts about the deadly UFO incident.
 But Midnight isn’t too thorough or careful about facts.
 The doctor who headed the “team of top medical men in Auckland who performed the autopsy” isn’t listed in the New Zealand medical register.
 Midnight says he is Dr John Whitty.
 Whitty is quoted: “It’s the most unusual thing I’ve even seen. Aside from the missing skin of the skull there are no marks on the body.”
 Sunday News inquiries failed to reveal that an Amos Miller died in early February, or that any autopsy was performed on such a person’s body.
Mr Henk Hinfellar president of New Zealand’s UFO investigation organization says Midnight recently printed a similar article.
 The similarity between both articles was obvious − the lack of facts, locations, names, evidence.
“I think this magazine just picks way-out places to locate those sensational stories. Come Canadians haven’t heard of New Zealand. So it makes a good place to locate a make believe story.”
 Telephone calls to Midnight’s Chicago and Montreal offices went unanswered.
 When Sunday News called it was 5.30pm North American time. Maybe they simply close early for a newspaper office−even a paper called Midnight.
 Then again, perhaps the paper was astray on only some of its facts.
 After all -- how many Kiwis are called Amos? Anyway, it made a good story.
posted by ASIOS at 18:36| Comment(9) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

ユリ・ゲラーとUFO特集

 本城です。
 近々放送される番組がありますので紹介します。

●2012年4月29日(日) 19:00〜20:54 フジテレビ
「ほこ×たて2時間スペシャル 」
「絶対に曲がらないスプーン」VS「ユリ・ゲラー」の対決。(中略)対決は、時間無制限でスプーンが1mmでも曲がったらユリ・ゲラーの勝ち、1mmも曲がらなかったらスプーンの勝ちというルールで行われる。果たして、勝つのは!?(番組サイトより)


 予告動画も見られます。実際の話、ユリ・ゲラーが曲げられなかったスプーンはいくつもありますので、曲げられなかったとしても全然驚きはないんですが、むしろ曲げたらすごいかもしれません。(条件や内容を見てみないとわからないですが)

●2012年5月3日(木) 19:57〜20:54 フジテレビ
「奇跡体験!アンビリバボー 」

 今回は、「UFO徹底解明スペシャル」(仮)とのこと。番組サイトによれば「世界中で目撃された最新のUFO映像を日本に持ち帰り、あらゆる角度から徹底調査を開始!すると…、思いもよらぬ新事実が明らかになった」そうです。できれば録画しておいた方が良さそうです。
posted by ASIOS at 17:59| Comment(6) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

ASIOSの新刊『謎解き 超常現象V』が出ます

 本城です。4月17日にASIOSの新刊『謎解き 超常現象V』(彩図社)が出ます。項目数は全34で、ページ数はこれまでより少し多い約320ページとなっています。

謎解き超常現象Vカバー.jpg 執筆メンバーは50音順に秋月朗芳さん、蒲田典弘さん、原田実さん、藤野七穂さん、本城達也、皆神龍太郎さん、山本弘さん、横山雅司さんです。

 ちなみに本来はナカイサヤカさんも6本ほど記事を執筆されていたのですが、脱稿直前の3月下旬に緊急入院されることになってしまい、最終チェックができなくなってしまったため、今回は残念ながら不参加ということになりました。

 載せられなかった原稿は、いずれ復帰されてからどこかの機会でお見せできればと思います。(ナカイさんは現在、少しずつ元気になられていますのでご心配なく)

 さて、新刊の詳しい目次の方は以下にまとめました。今回は書店の他に一部は全国の主要コンビニチェーンでも取り扱っていますので、お見かけの際は手に取って読んでいただけたら幸いです。

―目次―

はじめに――超常現象の新たな謎に挑む(本城)

【第1章】 人智を超えた奇跡「超能力事件」の真相
1.奇跡の超人、ミリン・ダヨ(本城)
【剣で刺されても出血しない不死身の男】
 以前、ブログで取り上げたときより、さらに追跡調査をして真相を追いました。

2.「血の涙」の秘密(本城)
【流れ出る赤い涙は神の啓示か?】

3.サイ・ババ伝説の真相(皆神)
【空中から物を取り出すインドの聖人】
 サイババは2011年4月に亡くなり、久しぶりに話題になったので、今回あらためて取り上げました。

4.金粉現象の真実(横山)
【突然、身体から謎の金色の物体が…】

5.バクスター効果の謎(秋月)
【植物は人間の心がわかるというのは本当か?】
 バクスターと嘘発見器の話を中心に解説しています。

6.岡本天明の『日月神示』(原田)
【異能の画家が残した驚異の大予言】
 オカルトファンには有名ですが、最近も『ムー』で取り上げられた日本の予言書です。2012年滅亡説とも絡められることがあります。

【第2章】 奇想天外「怪奇・ミステリー事件」の真相
7.禁断の「田代峠」の謎(蒲田)
【東北最大のミステリースポット】
 80年代には『ムー』で大々的に特集が組まれていたのでご存知の方もいるかもしれません。日本のミステリースポットを紹介する本などでも、田代峠は東北代表としてよく登場します。ASIOSでは蒲田さんが現地へ行ったり、関係者へ取材を行ったりして真相を追いました。

8.タイタニック沈没はミイラの呪い (皆神)
【史上最悪の海難事故の驚くべき真相】

9.中国の巨大ミステリー・サークル(山本)
【国営通信の新華社も大々的に報道!】
 2011年夏にニュースになった中国のミステリー・サークルです。今回扱っている項目の中では最も新しい話になります。

10.リンカーンとケネディの奇妙な一致 (本城)
【2人の大統領にあった忌まわしき共通点】

11.天降異物学事始(藤野)
【魚、オタマジャクシ、カエル…何かが空から降ってくる】
 これまでファフロツキーズは何度か取り上げましたが、今回は主に日本の事例、特に魚が降ってくる事例に焦点をあてています。日本最古の事例から現代の事例まで取り上げていますので資料価値は高いです。

12.海外の心霊写真(秋月)
【写真に現れた心霊は何を語りかけるのか?】
 心霊写真も『謎解き超常現象』で取り上げましたが、そのときは日本の個別事例に的を絞っていたため、海外の事例や歴史的な話を全然取り上げられませんでした。そこで今回は、過去にカバーできなかった海外の心霊写真黎明期にスポットをあてて解説しています。

【第3章】 異星人の襲来!?「UFO事件」の真相
13.「ホッテル文書」の信憑性(蒲田)
【ロズウェル事件を伝える新たな機密文書が公開!?】
 2011年にFBIの機密文書が新たに公開され、そこにUFOと宇宙人の回収談が報告されていたという話です。

14.アズテック事件の真相(蒲田)
【ニューメキシコ州アズテックにUFOが墜落!?】
 有名なロズウェル事件の3年後に起きたとされるUFOと宇宙人の回収事件です。

15.イースタン航空機事件(山本)
【クラシック三大UFO目撃事件のひとつ】

16.ベルギーUFOウェーブ(秋月)
【5万人が見た! 史上最大のUFO集中目撃事件】

17.世界各地に出現する菱形UFO(山本)
【金沢市でも撮影された謎の飛行物体】

18.ジミー・カーターが目撃したUFO(山本)
【夜空に輝く光の正体は?】

19.その他のUFO誤認例(山本)
【未解明なUFO目撃情報の真相を探る】

【第4章】 迫る地球終焉の日「宇宙の謎」の真相
20.迫りくるベテルギウス超新星爆発(山本)
【太陽が二つになり、地球は滅びてしまうのか?】

21.惑星クラリオンの歴史(山本)
【地球からどんどん遠くなる? 正体不明の星】
 反地球や謎の惑星Xとして名前があがったり、近年ではクラリオン星人の写真まで公開されたりして何かと目にする機会がある惑星クラリオンを取り上げています。

22.エレーニン彗星が地球に衝突!?(山本)
【ホワイトハウスも対策を講じた地球存亡の危機】

23.地球空洞説の真実(山本)
【南極と北極には地球内部に通じる大穴があった!?】
 類書でも取り上げられたことはありますが、こちらの記事の方がページ数も多く、内容も詳しいです。

24.本当にいるか宇宙生物(横山)
【地球外生命体と出会える日はくるのか?】

【第5章】 未知なる怪生物「UMA事件」の真相
25.スクリューのガー助(山本)
【日本の子供たちを驚かせた1枚の写真】
 1960年代〜70年代にかけての怪獣本やオカルト本でよく紹介されていた「スクリュー(尾)のガー助」について、日本と海外の情報を詳しく追跡。今回初めてわかった情報もあり、参考になります。

26.海の怪物「シー・サーペント」(皆神)
【多くの目撃談が存在する伝説の海獣】
 UMAを取り上げた本ではほぼ必ず掲載されていて、UMAファンなら誰でも一度は見たことがある有名なシーサーペントの写真の真相を紹介しています。

27.ケサランパサランは何者か?(横山)
【所有者に幸運を運ぶ幻の生き物】

28.屋久島の精霊「木霊」の写真(山本)
【『もののけ姫』のキャラクターは実在した?】

29.比婆山の怪獣ヒバゴン伝説(横山)
【かつてブームを呼んだ幻のご当地UMA】
 ヒバゴンは日本のUMAとしてお馴染みですが、最近だと山口敏太郎さんが出演していたTBSの「有吉AKB共和国」で取り上げられていました。ASIOSでは横山さんが現地へ行って調査しています。

【第6章】 失われた歴史「超古代文明・秘史」の真相
30.トスカーナのエクスカリバー(本城)
【実在した、いにしえの“聖剣伝説”】
 ミステリー画像を取り上げた本などで紹介されることもある実在の剣です。剣を実際に調査したイタリアの懐疑論者にも連絡を取って真相を追いました。

31.古代エジプトのフライホイール(本城)
【エジプトの遺跡で発見された謎の円盤】
 最近も「アンビリバボー」などで取り上げられたことがある古代エジプトのオーパーツです。奇妙な形が特徴で、オーパーツ本などでもよく写真付きで取り上げられています。

32.トンカラリンの真相(原田)
【熊本県で見つかった“古代の地下遺跡”】
 知る人ぞ知る謎の多い熊本の地下遺跡です。

33.源義経=ジンギスカン説の真実(藤野)
【なぜ誰もシーボルト説を知らないのか?】
「義経=ジンギスカン説」の中でも、シーボルト説に焦点をあて、これまでの懐疑的な文脈での紹介にも異議を唱えてシーボルト説の実像に迫ります。説そのものの真偽の検証からは少し離れた通好みの記事です。

34.『竹内文献』に隠された真実(藤野)
【超古代伝承を語る謎に満ちた文献】
 オカルトファンにはお馴染みの『竹内文献』の真相と、これまたお馴染みの不思議な金属「ヒヒイロカネ」についての考察もあります。

おわりに――原動力は不可思議への好奇心(本城)
執筆者紹介

posted by ASIOS at 14:04| Comment(13) | TrackBack(0) | ASIOS更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

「AKBINGO」にニセ超能力者登場

 本城です。
 明日の深夜、日テレの「AKBINGO」という番組でインドの超能力者が登場します。

▼4月4日(水)深夜1:19〜1:49 日本テレビ
「AKBINGO!」ドッキリ超常現象スペシャル
<今夜あなたは目撃者!インドの超能力者 緊急来日スペシャル 後編>


 実はこの番組、先週に前編が放送されています。前編ではタレサ・マダーというインドの凄腕の超能力者が来日したとしてスタジオで透視や念写を披露していました。透視はESPカードを使って百発百中。念写ではAKBのメンバーを霊視し、不吉なオーラを感じるメンバーがいるとしてカメラで撮影すると、肩に不気味な手が出現!

 もともとタレサは凄腕の超能力者でありながら非常に気難しい性格ということで、スタジオはピリピリとした緊張感のある空気が漂っていたのですが、それに加えて披露した超能力がすごかったために、恐怖でマジ泣きするメンバーもいたほどでした。

 ところが……、タイトルに「ドッキリ」とありますよね。そうです。実はこの超能力者はニセモノなのでした。インド人ではあるものの松戸市在住、そば大好き、日本語ペラペラで、「タレサ・マダー」という名前や、番組で呪文として唱えていた「カバヨダソウ」も逆から読むと……

 透視は隠しイヤホンを使って正解を教え、心霊写真は事前に撮影していた写真と合成できるカメラを使用。でもスタジオにいるメンバーはそんなことは知らされていませんので、みんなマジです。はたして、他にも披露される超能力の数々を見て、彼女らはどういった反応を見せるのか。

 そこで今週が後編です。後編は念力をやるみたいです。短い予告の映像を見る限り、気功で人を倒すのもやるようですが、どうやら暗示だけで倒すっぽいです。もしそうなら気功を考察するうえで貴重な参考情報になると思いますので、録画できる場合はしておいた方がいいかもしれません。放送は水曜日の深夜です。

posted by ASIOS at 10:24| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする