「ASIOS」―超常現象を懐疑的に調査する会―のメンバーによるブログ。

2014年01月22日

早稲田で心霊写真をテーマにしたワークショップ

 本城です。
 2月1日(土)に早稲田大学にて心霊写真をテーマにしたワークショップが開催されるそうです。

「心霊写真の文化史―メディアテクノロジーの発展と亡霊表象の変遷」

【日時】
2014年2月1日(土) 14時〜17時

【会場】
早稲田大学戸山キャンパス 36号館581教室
http://www.waseda.jp/jp/campus/toyama.html

【プログラム】
「奇術師vs幽霊―心霊写真の“作り方”」
浜野志保(千葉工業大学准教授)

「機械のあいだの幽霊―ポスト・ビデオ的心霊映像―」
前川修(神戸大学准教授)

「オーラの痕跡―イポリット・バラデュックの科学的心霊写真」
橋本一径(早稲田大学准教授)

【主催・共催】
早稲田大学総合人文科学研究センター研究部門「イメージ文化史」
早稲田大学文化構想学部表象・メディア論系

 浜野さんは、昨年、日本心霊科学協会の講演会でも講師を務められたのですが、その際、私は講演を拝聴していました。19世紀〜20世紀のパラノーマル文化(念写、心霊写真、交霊会、ダウジング等)について解説されていて、大変参考になったのを覚えています。

 前川さんは、アンソロジー『心霊写真は語る』にて「写真論としての心霊写真論」という論考を書かれています。専門は写真論。

 橋本さんは、『指紋論 心霊主義から生体認証まで』の著者でもあり、この本の第1章では指紋と心霊主義の関係という興味深いテーマについて論じられています。

 と、このようなお三方が講演されるそうですので、今回のワークショップは興味深く参考になるお話が期待できるのではないかと思います。興味のある方はいかがでしょうか。私は参加して拝聴する予定です。
posted by ASIOS at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

再放送予定と予言の新番組

 本城です。
「幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー」の「File-05 ツチノコ&クリスタル・スカル」の回が1月23日(木)、22時からNHKBSプレミアムで再放送されます。見逃してしまった方はどうぞご覧下さい。

 さて、今回は他に新番組がありますのでご紹介します。
▼1月17日(金)25:05〜25:35 フジテレビ
 1月24日(金)26:05〜26:35
 1月31日(金)25:05〜25:35
 2月7日 (金)25:05〜25:35
「未来予言TV ノストラダムス」
 金曜深夜、4週連続の生放送で、視聴者の中から、「最も優秀な予言者=日本のノストラダムス」を決定する。視聴者はスマホ・PC・携帯電話・ツイッター・フェイスブックから番組に参加可能!(検索『フジテレビ』)番組ホームページ「予言の書」から、予言を投稿していく。
 出題は、生放送中に、解答と正解者数を発表する『リアルタイム問題』と、放送後の1週間(7日間)から、1日1問、『7問の予言問題』を出題。出演者・参加者は「予言者」として、順位を競う。「日本のノストラダムス」には「10万円」の予言料をプレゼント。その名誉に輝くのは一体、誰なのか?番組の最後には、生放送中に、「日本のノストラダムス」に『最後の予言』を行ってもらう!(番組サイトより)


 残念ながら1回目の放送は見逃してしまいました。内容は視聴者に予言を投稿してもらうというものですが、公式サイトで少し試してみたところ、基本は1日ごとにクイズのように選択肢が提示されていて、その中から選ぶという形式のようです。(例えばある番組のじゃんけんで何を出す、国会議員で着物を着てくるのは何人かなど)

 正直、誰も予想できない未来を予言するというより、クイズみたいな感じもしますが、事件や事故をバラエティ形式で題材にしてしまうとシャレにならないので仕方ないのかもしれません。放送はあと3回あるそうです。
posted by ASIOS at 11:41| Comment(5) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

1月の番組情報

 本城です。
 2014年も超常現象を扱った番組が放送されますので紹介していきます。

▼1月10日(金) 23時15分〜24時15分 テレビ朝日
「眠れぬ夜の恐ろしい話」
日本各地で実際に起こったさまざまな恐ろしい話をコレクションしている博物館「心霊博物館」に迷い込んだ仲間由紀恵、生瀬勝久、ビビる大木の3人。眠れない夜にふさわしい世にも恐ろしい話を、森本レオ(似)館長のナビゲートで鑑賞していく。「心霊博物館」の自慢は、心霊写真・呪われた人形など、怪談話の物的証拠が存在すること。『トリック』シリーズの主演を担い、超常現象などと付き合ってきた仲間は猛烈なホラーファンを自認しているが、そんな仲間でさえ凍りつく恐怖映像とそれを裏付ける実物の数々が、これまでにない恐怖体験へいざなう。(番組表より)

▼1月11日(土)、18日(土)、21時00分〜22時30分 NHKBSプレミアム
「超常現象〜科学が挑む不可思議の世界〜」
1月11日 第1集 さまよえる魂の行方〜心霊現象〜
1月18日 第2集 秘められた未知のパワー〜超能力〜
幽霊、生まれ変わり、透視、テレパシー・・・。超常現象は、今も世界で数多く報告されている。将来は解明されるかも知れないこれらの現象も、現代科学では説明できないという理由だけで、一様に“眉唾”と切り捨てられてきた。しかし今、これらの超常現象を、科学的に解明しようという試みが、急速に進んでいる。アメリカ、イギリスなど、世界中の科学者たちがアプローチ。その結果、やはり眉唾と実証されたもの、原因が科学的に解明できたものがある一方で、現代科学では説明不可能な事実が存在することも、明らかになろうとしている。番組では、数々の超常現象を真剣に取り上げる。どこまでが科学で解明でき、どこからが謎の領域なのか。最前線の研究をもとに、科学的に検証していく。(報道資料より)


 NHKの方は「幻解!超常ファイル」とは別です。この番組にはASIOSにも参加されている蛭川さんがイギリスの取材に協力されたそうです。その際、もう少し懐疑的な要素を取り入れた方がいいのではないかと提案されたそうですが、実際どこまでその提案が反映されているかはわからないとのことでした。番組サイドからあまり情報が伝わってこないのだそうです。

 そのためやや不安はありますが、なかなか力の入った番組だとは思いますので、楽しみに待ちたいと思います。ちなみに10日(金)のお昼にはNHK総合の「BSコンシェルジュ」という番組で見所の紹介があるようです。
posted by ASIOS at 11:44| Comment(11) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

ビッグフット、射殺される?

 本城です。
 明けましておめでとうございます。今年もASIOSをよろしくお願い致します。

 さて、新年早々、アメリカからニュースが飛び込んできました。テキサス州のサン・アントニオでビッグフットが射殺されたそうです。

「Man claims he killed Bigfoot in SA」
「Bigfoot News January 2, 2014」

 写真も公開されています。

1533931_10152515107058858_531302497_n.jpg


1488143_1409365625972098_1154720589_n.jpg

1488143_1409365625972098_1154720589_n1.jpg


 こういった比較的鮮明な写真まであるのは珍しいですね。ただ、どこかで似たような話があったような……。そうです。2008年に起きたビッグフット遺体発見事件と同じようではありませんか。

 それもそのはず、実は今回ビッグフットを射殺したと主張しているのは、2008年の事件の中心人物の一人、リック・ダイアーなのです。ダイアーによれば、2008年はニセモノだったけど今回は本物とのことですが、ビッグフット業界は冷ややかで、ダイアーを支持する意見は今のところ少ないようです。

 ただDNA検査の結果など、まだこれから出す予定の情報もあるようで、少しは期待できるかもしれません。また続報があれば報告します。
posted by ASIOS at 12:38| Comment(8) | TrackBack(0) | オカルトニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする