「ASIOS」―超常現象を懐疑的に調査する会―のメンバーによるブログ。

2014年07月20日

茨城と名古屋の企画展

 本城です。
 夏休み期間中に開催される企画展が、先日紹介した岐阜以外にもありましたので紹介します。

【企画展名】
「江戸の怪事件−江戸の怪奇現象ファイル−」

【内容】
人面犬、河童、猫股や常陸国(茨城県)沖に漂っていたUFOのような怪しい船まで、江戸時代の人々をびっくりさせた妖怪、怪獣、怪奇現象などの資料を展示します。この他、期間中、日本古来の綴じ方で作るメモ帳作りが体験できます。(サイトより)

【開催期間】
2014年7月22日(火)〜2014年8月30日(土)
※土日祝日休館。ただし8月は土曜日のみ開館。

【場所】
国立公文書館つくば分館
茨城県つくば市上沢6−6

【入場料】
無料。



もうひとつ。
【企画展名】
「ドラゴンボールで科学する!」

【内容】
 展示紹介によりますと、会場は七つのコーナーに分かれていて、それぞれドラゴンボールをネタに科学関連の歴史や解説があるようです。

【開催期間】
2014年7月16日(水)〜2014年8月31日(土)
休館日は7/18(金)、22(火)、28(月)、8/4(月)、18(月)、25(月)

【場所】
名古屋市科学館
愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号(芸術と科学の杜・白川公園内)

【入場料】
大人1,300円(前売り1,100円)
高・大学生800円(前売り600円)
小・中学生500円(前売り300円)

posted by ASIOS at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

2014年7月の番組情報

 本城です。
 夏は特番も多くなり、超常現象系の話題を扱う番組も増えてきます。現在わかっている範囲ですが、7月放送の番組情報をまとめました。

▼7月19日(土)19時56分〜20時54分 日本テレビ
「世界一受けたい授業」

 怪談話でゾッとすると本当に体温は下がってる? という実験をやるようです。

▼7月19日(土)22時45分〜23時05分 NHK
幻解!超常ファイル「東京ミステリー!平将門の首塚」
 大都会で「たたり」!?手出しした人々が次々と死亡!?平将門の首塚にまつわる恐怖伝説を徹底検証!うわさの原点をたどるとあなたの知らない東京の意外な姿が見えてくる!(番組サイトより)


▼7月21日(月)19時00分〜21時48分 テレビ朝日
「信じるか?信じないか?トリハダ!世界の超能力捜査 第2弾 3時間スペシャル!」
 新聞記者、現職警官、被害者本人、現地取材で超能力捜査の目撃者に直撃取材!超能力者は、何を解き明かしたというのか?スタジオでは超能力肯定派、否定派が激論!(番組サイトより)


▼7月23日(水)19時00分〜20時54分 日本テレビ
「真実解明バラエティー! トリックハンター 新装開店!! 夏祭りSP」

 ロードローラーにひかれても死なないロシアの不死身の覆面超能力者「ミスターX」という人が出るみたいです。

▼7月25日(金)20時54分〜22時48分 テレビ東京
「やりすぎ都市伝説スペシャル2014夏」
 世界各国の謎を追い続けているMr.都市伝説 関。彼が今回調査するのは、秘密結社フリーメイソン、その内部組織の中でも謎多き「イルミナティ」。向かうのはドイツのイルミナティ旧本部。イルミナティは今でも存在するのか…フリーメイソンの秘密集会に潜入。さらに、国立国家秘密文書公文書館に厳重に保管されているイルミナティ創設文書を発見。そこに書かれている暗号とは…。謎に包まれたイルミナティの真相を調査する。(番組表より)


▼7月26日(土)22時30分〜22時50分 NHK
幻解!超常ファイル「森の獣人・ビッグフットを追え!」(1)

 前半、後半と2週に分けての放送。その第1回目です。
posted by ASIOS at 16:46| Comment(10) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

明治・大正の超常現象研究を紹介する展覧会

 本城です。
 先日から、岐阜県博物館にて、明治・大正時代の超常現象研究を紹介する展覧会が開催されています。

【展覧会名】
「奇なるものへの挑戦 明治大正/異端の科学」
http://www.gifu-kenpaku.jp/toppics/20870
http://www.gifu-kenpaku.jp/wp-content/uploads/2014/05/tirasiomote.pdf(チラシ)
http://www.gifu-kenpaku.jp/wp-content/uploads/2014/05/kinaru2.pdf(報道発表資料)


【内容】
 明治・大正期、急激な近代化=西欧知識の流入によって科学への関心が芽生えるとともに、不可思議な現象が人々の興味をとらえました。欧米発祥の心霊学が紹介され、催眠術による能力開発が千里眼(超能力)ブームを巻き起こし、精神療法・霊術が大流行すると高山市出身の福来友吉や恵那市出身の田中守平ら、岐阜県出身の心理学者や霊術家が一世を風靡しました。
 知的好奇心をもって野心的に超常現象に挑んだ近代郷土の先人の足跡を発掘し、知られざる近代史をひも解きます。(報道発表資料より)

【開催期間】
7月4日(金)〜8月31日(日)、9時〜16時30分(入館は16時まで)
※毎週月曜休館、7月21日(月、祝)は開館、22日(火)は振替休館

【観覧料】
一般600円、大学生300円、高校生以下無料


 地元の展覧会ということもあってか、展示品の数は400点にもなるそうです。内容は期待できそうです。特別展会場入口には、生首を体験できるコーナーもあるのだとか。(錯視の一種)

 また8月24日(日)には、『「こっくりさん」と「千里眼」』などでも知られている一柳廣孝さんと、今や伝説となりつつあるあの近代ピラミッド協会を結成していた吉永進一さんの特別展記念講演会「明治のオカルトブームについて」(仮)も開催予定だといいます。

 明治・大正期の超常現象研究に興味のある方は、ぜひいかがでしょうか。せっかくの好機ですから、私も8月には行こうと思っています。
posted by ASIOS at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

フロリダで双頭のワニを発見か

 本城です。
 先週、フロリダのヒルズボロウ川のほとりで双頭のワニの写真が撮られたとして、Facebookを中心に話題となっています。

「フロリダ州で頭が2つあるワニを目撃」
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_02/274180537/

「Two-Headed Alligator Spotted In Florida River -- Or Was It?」
http://www.huffingtonpost.com/2014/07/03/two-headed-alligator_n_5552300.html

tumblr_n7vtk7BdvP1sdlavpo1_1280.jpg

 話の出所は、芸術家のジャスティン・アーノルドという人のFacebookです。彼の説明によれば、犬の散歩中、川のほとりで人が集まっていたので近づいてみると、そこに双頭のワニがいたといいます。

 そこでフロリダの魚類・野生生物保護委員会に問い合わせたところ、この双頭のワニについての報告は他にも何件かあり、一卵性双生児の分離に失敗したもので、は虫類ではよくあることだと説明されたそうです。

10464201_10152217830600028_2463803927719837635_n.jpg

 本当だったら、すごいですよね。見事な双頭です。私も最初は食いつきました。ところが……、「その場には他にも何人かいた」「報告は他にもあった」とのことだったのですが、写真はアーノルドが撮影したという2枚以外、残念ながら見つかっていません。

 また魚類・野生生物保護委員会にメディアが問い合わせたところ、そんな報告は受けていない、という返答だったといいます。雲行きが怪しくなってきてしまいました……。

 さらにアーノルドのタンブラーでは、今回の双頭のワニの他に、カッパのミイラや人魚のミイラなども紹介されていることがわかり……。

 そういったわけで、今のところ断定はできないものの、写真は怪しいという意見が多くなりつつあるようです。個人的には本物であってほしいですが、仮にニセモノであったとしても、写真自体はなかなか見事ですので、UMAのミイラのように、作品として楽しむのもありなのではないかと思います。
posted by ASIOS at 19:04| Comment(5) | TrackBack(0) | オカルトニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする