「ASIOS」―超常現象を懐疑的に調査する会―のメンバーによるブログ。

2016年04月15日

大地震の前兆現象が起きていた?

 本城です。
 
 昨夜、熊本地方で最大震度7の大きな地震がありました。
 この地震に関連して、さっそくクジラなどが打ち上げられる前兆現象が起きていたのではないかと言われています。

「天草沖で定置網にクジラ ザトウクジラの子どもか」(2016年4月4日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ445JPLJ44TLVB016.html

「今度は長崎で… 海岸に巨大クジラが打ち上がる」(2016年4月8日)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072138.html

 確かにクジラが定置網に引っ掛かってしまったり、打ち上げられたりする事例は2件起きています。

 ですが、これまでにも申し上げているとおり、大きな地震が起きてから当てはまるような事例だけを探しても意味がありません。普段はどれくらいの頻度で起きている事例なのか、ということも調べておく必要があります。

 それでは実際に調べてみましょう。まず2週間しか経っていない今月だけで、これだけ起きています。

2016年4月12日
福井県高浜沖で定置網にミンククジラ

2016年4月10日
千葉県館山市でミンククジラ混獲

2016年4月6日
三重県志摩市で種不明クジラ漂流

2016年4月5日
高知県香南市で種不明イルカ座礁

2016年4月5日
静岡県伊東市の新井海岸でコククジラが打ち上げられる。

2016年4月3日
京都府与謝郡伊根町でミンククジラ混獲

2016年4月2日
和歌山県田辺市の内の浦湾でゴンドウクジラが迷い込む

 3月以前のデータは、「海棲哺乳類情報データベース」で確認できます。今年はこれまでに83件です。場所も北海道から沖縄まで様々。これは2015年以前でも変わりません。

 つまり、こうした事例は日頃から起きているということがわかります。日本は海に囲まれていますから、いつもどこかで報告があがるということです。

 ですから大地震が起きてから探せば、当てはまる事例も見つかりやすいというわけです。でも予知には役立ちそうもありません。なにせ、日常的に日本中で起きていますから。
posted by ASIOS at 12:09| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 毎度ながら、呆れるばかりですね…。

http://tocana.jp/2016/04/post_9479_entry.html

 イルミナティも暗躍してるらしいですよ…。
 どういう神経しているんでしょうね、こういうのぶち上げる人って。
Posted by 沖せんちょ at 2016年04月19日 13:36
新潟中越地震(2004年10月23日)やアメリカ同時多発テロ(2001年9月11日)をはじめ、有名な災害や事件でリストに入っていないものが多くあるのは、どう足しても18にはならないからですね。数字遊びは頭の中だけにしておいてほしいです。
Posted by 本城 at 2016年04月21日 16:16
ストランディングという現象が特別なものと思われてるせいでもあるのでしょうが・・・
自分が知らないだけで実際ありふれた現象ってのはこれに限らず多いですから
ある意味オカルト好きにとって大概合理的な説明がついてしまう世知辛い世の中なのかもしれませんが、事実が判明して「そうなのか!?」と感心し、また次の謎に向かえる好奇心を満たしてくれる世界でもあるなぁと

使い古されたネタをさも大発見のように語る方がいらっしゃるようなので紹介を
http://rocketnews24.com/2016/04/25/741156/
メタンガスが原因、ですか・・・
なんかもうメタンガス教でも信仰したらいいんじゃないかと死んだ魚の目で見つめる次第で
そもそも数十年に渡って消失事故を起こすくらい噴出してるなら、とっくに国が調査船送ってるだろうに、という疑問は湧かないんでしょうね
Posted by ??? at 2016年04月27日 07:46
メタンハイドレート説は、「科学的な説明に見える」、「実際にバミューダ・トライアングルの海底にメタンハイドレートがある」、「1981年には南シナ海で掘削船が沈没している」、といった点がもっともらしく見せるのかもしれません。

Posted by 本城 at 2016年04月30日 10:05
昨晩、Eテレでやっていた、地球ドラマチックの「バミューダ・トライアングル〜科学で迫る魔の海域〜」でも出てきましたね、メタンハイドレート説。まぁ、シケの暴れ波で瞬時に転覆とかの方が説得力ありますけど。
Posted by 沖せんちょ at 2016年05月15日 08:12
ナショナルジオグラフィックチャンネルでも同じ番組が前に放送されていました。メタンハイドレートの話より、海底を再現したというCGの方が面白かったです。
Posted by 本城 at 2016年05月16日 09:55
「地球ドラマティック」のバミューダトライアングルの回、録画はしたんだけど、海域では未だ謎の失踪が相次いでおり、その原因をメタンハイドレートにするなんて番組説明を見ると、けっこうな脱力感が…。一応観ますけど。
…ローレンツ・D・クシュの『魔の三角海域』一冊でかたのつく話なのに。この本、どの国でも入手困難なんでしょうかねぇ…。
Posted by 白鳥 at 2016年05月17日 23:41
すいません。
記事とは関係ないのですが、ASIOS関連で疑似科学番組情報を載せないのかな?と思ったもので書き込みます。
TBSラジオの荻上チキ・Sessionー22で5月20日に以下の番組が放送されました。

荻上チキが専門家と考える「なぜ人は疑似科学にハマるのか?」
ASIOSリサーチ会員の石川幹人氏がゲストに来ており、科学ライターの松永和紀氏が電話出演されておりました。
水素水、EM菌の概要と問題点がコンパクトに紹介されており、とても面白かったです。
5月27日までは視聴できると思います。その後にも人気番組なので、視聴方法はあるかと思います。
http://www.tbsradio.jp/36898
荻上チキ氏は、以前も江戸しぐさを懐疑的に取り上げており、この時は原田実氏がゲストに来ておられました。恐らく懐疑的に江戸しぐさを紹介した大手メディアとしては最初の方ではないかと思っております。
今後、しがらみやめんどくささが少なく、懐疑的情報を載せられるメディアとしてラジオというのも大きなステージになってくるのでは無いでしょうか?その分偽情報が蔓延する可能性もあるでしょうが…

差し出がましいことでした。
でも、ラジオ情報は乗せないのかと思い書き込ませて頂きました。
Posted by 頭に砥石 at 2016年05月25日 22:15
>頭に砥石さん

情報ありがとうございます。来月出版予定の本の締め切りなどに追われていたため、先月から番組紹介などが行えずにいました。すみません。

今後、事前に気がついて時間が取れましたら、ラジオでも紹介すると思います。
Posted by 本城 at 2016年05月30日 16:12
日常的に符号する例ならこういうのも作れそうですね。
一日最低一人死亡しており最低一回は地震が起きる。
つまり地震は人の魂が消滅した時に発生するみたいな。
懐疑論者は複数の目線で観察しますが、陰謀論者は偏った直線でしかモノを見られないから困りますね。
一種の人気?を得ているバズワードだから致し方ないのでしょうが
Posted by マッスグマ at 2016年09月14日 16:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436686473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック