「ASIOS」―超常現象を懐疑的に調査する会―のメンバーによるブログ。

2014年03月05日

斎藤守弘さんのお話

 本城です。
 先日、作家で超常現象研究家の斎藤守弘さんにお目にかかり、お話を伺う機会を得ました。斎藤さんは主に60年代〜80年代にかけて、書籍、雑誌、テレビなどで活躍された方で、往年のオカルトファンにとっては、影響を受けた方の一人ではないかと思います。

 ASIOSでも『謎解き超常現象V』において、UMAの「スクリューのガー助」(別名ハーキンマー)を取り上げた際に、斎藤さんのお話も登場しています。今回は、そのガー助についてのお話も伺えましたので、他の貴重なお話も加えて、以下で紹介したいと思います。


【「スクリューのガー助」について】
 ガー助とは、アメリカのモンタナ州フラットヘッド湖に生息するといわれるUMA(未確認動物)です。日本では比較的鮮明な写真と共に、1960年代から紹介されてきました。

 その正体については、チョウザメの誤認の可能性が指摘されており、写真についても合成の可能性が高いと考えられています。ところが日本で知られている「スクリュー(尾)のガー助」という名前は、いつ、誰が言い出したのか、ということは長らく謎でした。

 それを山本弘さんが調査され、どうやら斎藤守弘さんが最初に言い出したらしいということは、『謎解き超常現象V』でも書かれたとおりです。

 今回はそこからさらに踏み込みまして、直接、ご本人にお話を伺えました。斎藤さんによりますと、「スクリュー尾のガー助」という名前は、元々アメリカの大衆雑誌に書いてあった話をもとに、やはり斎藤さんが考案した名前だったそうです。

 きっかけは神田の古書店。ここでアメリカの雑誌を買ったところ、その巻頭の投稿コーナーにUMAの話が載っていたといいます。そこには「スクリュー・テイル・○○○」という名前と共に「ガー」と鳴くと書かれており、そこから日本風に「スクリュー尾のガー助」と名付けたのだそうです。

 ちなみに「ハーキンマー」もその雑誌に載っていた名前だそうで、「スクリュー・テイル・○○○」のニックネームみたいな感じで紹介されていたといいます。(ネッシーみたいなノリで)

 また投稿文には、「この話がウソだと思うなら実際に見に来い」みたいなことが書かれていたため、それなら本当かなと思って日本で紹介したとのことです。なお合成写真は、別のところから当時の編集部が見つけてきて勝手に載せたのだとおっしゃっていました。


【うつろ舟=UFO説】
 うつろ舟とは江戸時代に存在したとされる円盤型UFOで、奇妙な絵と共に、UFOファンにとってはお馴染みのUFOです。

 ところがこれも、日本から発信された話だということはわかりますが、UFOと結びつけて最初に言い出したのは誰なのか、という点は気になるところです。そして、これもまた斎藤さんが言い出した話ではないか、ということは文献研究などから指摘されていました。

 そこで、このうつろ舟についてもお話を伺ったところ、やはり斎藤さんが最初に言い出したお話だったそうです。元ネタは『日本随筆全集』だといいます。

 1960年代当時、UFOが地球に来ているなら昔にも来ているはずだと考えて『日本随筆全集』を読んだところ、円盤型のうつろ舟のイラストを見つけて、これこそ江戸時代に地球を訪れていたタイムマシン型UFOだと考えついたのだそうです。

 これが現在まで続く、うつろ舟=UFO説の出発点だったわけですね。


【江戸時代の肉人=宇宙人説】
 最後は肉人伝説です。肉人とは、江戸時代初期、駿府城にて徳川家康が遭遇したという謎の生きものです。これは出典をたどっていくと話が少し変わっていくのですが、古文献では肉人を宇宙人とは結びつけていません。

 では誰が最初に言い出したのか、といいますと、これも斎藤さんなのだそうです。元ネタは『日本随筆全集』。この説の初出は『宇宙機』(No.13, 1957年7月20号)で、河津薫というペンネームで書かれています。


 以上、今後、これらの説を研究される方々にも参考にしていただければ幸いです。
posted by ASIOS at 11:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 超常現象の研究者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

エーリッヒ・フォン・デニケン

本城です。

daniken.jpg今回は、古代宇宙飛行士説を世界的に広めたエーリッヒ・フォン・デニケンを紹介します。

まずは略歴から。

---------------------------------------------

エーリッヒ・フォン・デニケン(Erich von Daniken/1935年4月〜)

 スイスの元ホテル経営者、実業家、作家。
 1968年に出版された『神々の戦車』(邦訳『未来の記憶』)、およびそれに続く『星への帰還 地球人はいかにして生じたか』、『宇宙人の謎 人類を創った神々』などの著書において、以下の古代宇宙飛行士説を展開。
 
 ・古代の建造物や加工物は、地球外の訪問者か、彼らから
  知識や技術を教えられた古代人がつくったものである。
  (ピラミッド、ストーンヘンジ、ピリ・レイスの地図、ほか多数)
 ・宇宙人による遺伝子操作の結果生み出されたのが人類。
 ・宇宙人や、その超技術は「神」となった。

 この説は世界中で大人気となり、デニケンの著書は計26冊で、日本を含む世界20カ国語に翻訳され、6000万部以上を売り上げる大ベストセラーになる。

----------------------------------------


 このようにデニケンといえば、60年代末〜70年代にかけて古代宇宙飛行士説を世界中に広めた人物です。ちなみに、90年代にはグラハム・ハンコックが『神々の指紋』を世界的に大ヒットさせましたが、その内容は宇宙人を前面に出さないものの基本的にデニケンのネタと同じです。しかし、じゃあデニケンがこの説の元祖かというと、そういうわけではありません。

 彼の本がベストセラーになる前には1950年代にも話題になっていますし、さらにさかのぼると超常現象研究の先駆者チャールズ・フォートや、19世紀の大霊媒マダム・ブラヴァツキーあたりまでいきます。
 100年近く昔から繰り返されているネタなんですね。ほとんど進歩はしてませんけど ミ(ノ_ _)ノ=3

 そんなわけで昔からあった話ではありますが、デニケンはそれを世界的に知らしめることに成功。その点では大変な功績です。

 しかしながら、有名になればその話は本当なのかと検証されるもの。デニケンの本も徹底的に検証され、その結果、様々な誤りが見つかり、中には捏造まで発覚。一番ひどかったのが、エクアドルの「謎の洞窟」(大まかな内容は古代文明研究家の浅川さんのサイトにある2項目目の「エクアドルで発見された地下道」をどうぞ)に行ったときのエピソードです。

 調査によると、そもそもそんな洞窟は存在しないことや、デニケンが洞窟内にあった黄金の財宝を撮影したという写真も、実は真鍮の模造品を撮ったものだということがバレたりしています。

 でも、著書の中ではその誤りを絶対に認めないんですよね。何度も増刷されているので訂正する機会はいくらでもあるのにやろうとしない。このあたりは、さすがに不誠実だろうと思います。

 なお、デニケンはスイスでホテルを経営していた1960年に詐欺で有罪判決を受けたことがありまして、その頃から7000万円近い負債を抱えていたといいます。しかしその負債もベストセラーでチャラ。

daniken3.jpg 以降は作家のかたわら実業家としても活動し、2003年5月にはスイスで「ミステリー・パーク」(通称「デニケンズランド」)というテーマパークを開園。ところが翌年には早くも経営が悪化し、開園からわずか3年半後の2006年11月19日には閉園になっています。

 作家としては商業的に大成功でしたが、実業家としてはイマイチだったのかもしれません。

【写真引用元】
http://www.psitalk.com/daniken.html
http://www.taz.de/4/reise/europa/schweiz/daeniken-park/

posted by ASIOS at 20:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 超常現象の研究者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

チャールズ・フォート

 本城です。
 今回は超常現象を語る上で欠かせない存在であるチャールズ・フォートを紹介したいと思います。

charles_fort.JPG 彼は超常現象研究のパイオニアで、オカルトが大好きであることを公言しながら彼の名前を知らない人がいたら、もぐりだと判断できるほど知名度、実績ともに抜きん出た存在です。

 今では、ほとんど誰でも知っている「テレポーテーション」(teleportation/瞬間移動)という言葉の考案者でもあります。

 よく「奇人・変人」を扱った本で紹介されたりしていますが、彼の場合、特殊なこの斯界で研究、調査を極めた点において偉人でもあったと思います。後にも先にもフォートを超える人は出てこないだろうと思えるほどです。

 でも、日本では彼の本が翻訳されていないためか、海外に比べて知名度が低いんですよね・・・。そこで以下では少し詳しく彼の略歴を紹介したいと思います。

---------------------------------------------------------

チャールズ・フォート(Charles Fort/1874年〜1932年)
 超常現象研究の先駆者。斯界の超有名人。「異端の祖」とも呼ばれる。19歳の時にヒッチハイクで世界一周の旅に出る。22歳の時に南アフリカでマラリアに感染。ニューヨークに戻り、看病してくれた幼なじみのイギリス人アンナと結婚。

 以降は仕事を転々としながら小説を10冊、メモを2万5000枚書きためる。しかしそれに不満を感じると全部焼却処分。20代、30代の頃は薪がないと椅子の脚を薪代わりにしなければならないほどの極貧生活だった。31歳のとき、後にアメリカを代表する作家の一人となるセオドア・ドライサーと知り合い、意気投合。親友となる。

 32歳からニューヨーク公立図書館に通い始める。朝から新聞や論文誌をめぐり、その中から常識では考えられないような奇妙な現象を記録している記事を一つ一つメモして集めていった。彼は図書館が閉まるまで記事の収集を続け、家に帰ってからはメモの整理。この頃はほとんど世捨て人状態。

 41歳の時に『X』と『Y』と題する本(『X』は火星人、『Y』は北極南極の超古代文明の話)を出版社に持ち込むが真面目に取り上げられることはなく、結局この原稿も焼却処分。

 1916年、42歳の時におじの遺産が入ることになり超常現象の研究に専念できるようになる。

 1919年、45歳の時には『呪われた者の書』(The Book of the Damned)を出版。「呪われた者」とは、科学的な一切のモデルに合わず、従来の説明を拒む種類の事実をいう。日本では国書刊行会から翻訳出版の予定があったが、計画は頓挫し出版されることはなかった。

 46歳になると4万枚もあったメモを焼却。妻と共にロンドンへ半年移住。一時、ニューヨークへ帰ったあと、47歳の時に再びロンドンへ。それから8年間、大英博物館の近くで暮らしながら、博物館付属の図書館へ通い続けた。1923年に2冊目となる著書『新しき土地』(New Lands)を出版。

 著書の中での考え方は挑発的で、場合によっては意図的な自己矛盾も辞さない。子供時代の暴力的な父親の影響から権威に対して強い嫌悪感を持ち、科学に対しても強い敵対心を持っていたと言われることもある。しかし実際に嫌っていたのは一部の科学者の態度。以下は著書の中で繰り返し述べている彼の言葉。

「科学そのものは決して余の敵にあらず。余が敵対するのは科学者なるものの独断的な姿勢なり。さらには超常現象にかかわる人間を直ちに『インチキ』呼ばわりする彼らの態度である」


 フォートの著書を読む限り、気難しい性格だと思われがちだが、実際に何度も会った人の話では、常に礼儀正しく、紳士的、無邪気で優しい性格だったという。

 1929年、55歳のときニューヨークへ戻る。1931年には『見よ!』(Lo!)を出版。この頃から闘病生活が始まる。1932年に『野生の英知』(Wild Talents)を出版。その後に病状が悪化。ニューヨークの病院で亡くなる。死因はおそらく白血病。

 超常現象ファンやSFファンに与えた影響は大きく、SF作家でオカルト研究家だったアーサー・C・クラーク、またロバート・A・ハインラインなどはフォートのファン。

 フォートが亡くなる前年の1931年には「フォーティアン協会」が設立。機関誌『Doubt』(ダウト)が創刊された。しかしフォート自身は自らが権威となることを嫌って加入を拒否。この組織がスピリチュアリスト(心霊主義者)や狂信者を引き付けていることを批判した。1959年に発起人が亡くなったことにより解散。

 1965年になるとアメリカのバージニア州に「国際フォーティアン協会」(INFO)が発足。イギリスのロンドンにも1973年に「フォーティアン・タイムズ」、2000年には「チャールズ・フォート協会」(CFI)が設立された。

--------------------------------------------------


 こんなところです。
 フォートの名を世に知らしめたのは、略歴でも紹介している彼の研究をまとめた4冊の本でした。80年近く前に出版されながら、現在でも絶版されることなく世界各国で増刷されている超ロングセラーです。

 この一連の著書の中でフォートは、世界中で報告される膨大な数の超常現象を紹介しています。彼の一番のお気に入りは空から魚や血の雨などが降ってくる怪雨現象。他にも月面に見える謎の発光現象、UMA、UFO、心霊、人体発火現象、神隠し、ポルターガイストなどなど。

 今日有名な現象や事件も、元を辿っていくとフォートが発掘したものだった、なんてものがたくさんあります。

 しかもオリジナルであるだけでなく、彼の紹介する事件はほとんど全部に出典が示されています。通常、オカルト本というのは何を参考にしたか情報源を書かないものが多く、酷いものだと自分で勝手に話を捏造するケースもあるのですが、フォートの場合は違うのですね。そこをいい加減にしたら信用されないことがわかっていたのだと思います。

 またフォートは事件を紹介するだけでなく、それらの不思議を説明しようともしていました。中でも有名なのが「私は思う。我々すべては所有物だと」という言葉。彼は、「地球人=宇宙人の家畜説」など、奇抜なアイデアを次々に発表しています。

 しかし、それらはあくまで現象のひとつの解釈に過ぎなかったようで、彼が自分の理論を本気で信じていたのかというと、実際はそうでもなかったといわれています。

 なお、フォートの集めた超常現象の数々は、その内容の奇妙さから通常の超常現象とは分けて、「フォーティアン・フェノメナ」(Fortean Phenomena)と呼ばれ、日本では「奇現象」とも呼ばれています。

 そしてフォートの意志を継ぎ、奇現象の収集や研究を好む人たちは「フォーティアン」(Fortean)と呼ばれるようになり、現在、世界中に存在しています。(基本スタンスは主に肯定派)

 でも残念ながら、日本ではフォーティアンと呼べるような人は非常に少ないのが現状です。これからは肯定派にもフォートのことが知られるようになって少しでも増えてほしいと思います。
posted by ASIOS at 20:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 超常現象の研究者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

超常現象の研究者紹介 - アイヴァン・サンダーソン

本城です。

sanderson.JPG今回は超常現象研究家のアイヴァン・サンダーソン(1911年〜1973年)を紹介します。彼は超常系の本(特にオーパーツを扱った本)ではよく名前が出てくるのでご存知の方もいると思います。写真を見ると、けっこうシブい風貌ですね。

彼の場合、特に肯定派が書いた本では「動物学者のサンダーソン博士」といった紹介のされ方が多く、権威付けに利用されることが多く見られます。

確かに彼は動物学に加え、植物学、地理学の学位も持っていることは事実なのですが、1965年に行われたインタビューによると、サンダーソン自身は「博士」と呼ばれることはあまり好きではなかったようです。

さて、そんなサンダーソンですが、そもそも超常現象に興味を持ったキッカケは17歳の頃に行った世界一周旅行。この旅で様々な伝説に触れたのか、20代の頃にはどんどん超常現象にハマっていき、1932年にはアフリカで伝説の大怪鳥オリティアウ(コンガマトー)に襲われ、危うく難を逃れたなんてエピソードも持ってます。

スゴいですよね〜。まるで水曜スペシャルの川口浩隊長みたい(笑)。
でも実際、サンダーソンはテレビやラジオでも活躍していたそうです。もともと動物学に詳しいですから、UМA(未確認動物)の調査はよく行っています。また、この人は他にもUFO、オーパーツ、奇現象などにも興味を持っていて、それぞれのジャンルでも調査を行っています。

特に「オーパーツ」はその用語自体の生みの親ですし、奇現象では空から魚やカエルなどが落ちてくる空中落下現象を指す言葉として「ファフロツキーズ」という用語も考案しています。

でも実は両方とも海外ではあまり普及していないのでネーミングセンスがあるかどうかは微妙なんですが(笑)、こういった用語を考え出すくらい研究熱心な人だというのは確かだと思います。

後年は、奇現象研究のパイオニアとして有名なチャールズ・フォートの早くからの追随者としても名を知られ、フォートのように奇現象を蒐集、研究する「フォーティアン」の先駆けとも言われています。

1965年には「奇現象調査協会」(Society for the Investigation of the Unexplained/ SITU)という団体を設立。説明できない奇現象の収集、調査、紹介に努めました。

さて最後は個人的な感想になりますが、サンダーソンは肯定派なのでスタンスが違いますし、いい加減な情報を書くこともたまにあります。

でも、この人がやってきたことを見ていると、超常現象にすごい興味を持っていて好きなんだ、というのがよく伝わってくるんですね。現地調査は当たり前ですし、情報収集も半端じゃありません。

解釈や結論のところで相違はあっても、この人がやろうとしていたことは個人的にとても好きだったりします。
posted by ASIOS at 16:05 | TrackBack(0) | 超常現象の研究者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする