「ASIOS」―超常現象を懐疑的に調査する会―のメンバーによるブログ。

2016年03月28日

withnewsで取り上げていただきました

 本城です。
 このたび、withnewsでASIOSを取り上げていただきました。

「『夢の中の男』は実在するのか? 都市伝説バスターズが暴いた真相」
http://withnews.jp/article/f0160327002qq000000000000000W01110101qq000013093A

 今回は新刊を出したことで、担当記者の神庭さんが個人的に興味を持ってくださったことがきっかけでした。取材時にはASIOSの過去の本も持参してくださっていて、とても話がしやすかったです。

 これを機会に、ASIOSのことを知ってくださる方がまた新たに増えましたら嬉しく思います。

posted by ASIOS at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ASIOS更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

近日放送予定のオカルト番組情報

 本城です。
 近日放送予定のオカルト番組を、現在わかっている範囲でお知らせします。

▼3月27日(日)23時25分〜23時59分 NHK総合テレビ
「幻解!超常ファイル『最新超常映像・解明スペシャル!』」
 今年1月に放送された本家BSシリーズの番組の再編集版です。反響が大きかったのか、久々に総合テレビでも放送されることになりました。
 動画の検証が中心でして、オカルト番組をよくご覧になっている方なら馴染みのある動画が多く、見ごたえがあります。放送時間が短くなっているのは気になりますが、本家での放送では十分に面白い内容でした。

▼3月29日(火)22時00分〜23時00分 NHKBSプレミアム
「幻解!超常ファイル『世界はだまされている!?陰謀論の闇に迫る』」
 こちらはBS版の最新回です。テーマは陰謀論。皆神龍太郎さんと、『検証 陰謀論はどこまで真実か』でご一緒した奥菜秀次さんが出演される予定です。(皆神さんは編集されていなければ27日の放送にも出演されます)

▼3月30日(水)21時00分〜22時54分 TBS
「世界の怖い夜 春休み大絶叫SP!!」
 番組改変期に放送されている定番の心霊番組です。

▼4月9日(土) 18:30〜20:54 フジテレビ
「映っちゃった映像GP」
 こちらも番組改変期に放送されている番組で、動画が中心です。
posted by ASIOS at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

横山ゆかりちゃん誘拐事件に関する透視のまとめ

 本城です。
 先月、「最強FBI緊急捜査 日本未解決事件完全プロファイル」という番組が放送され、この中で超能力捜査が行われました。

 今回取り上げるのは、その番組でも超能力者が担当した横山ゆかりちゃん誘拐事件についてです。この事件は1996年7月に起きました。場所は群馬県太田市のパチンコ店です。重要参考人は防犯カメラに映っていた男とされています。

 けっこう有名な事件ですから、これまでに超能力捜査も3回行われました。この3回は3人の超能力者による別々のものです。そこで今回は各透視結果をまとめてみました。

【キム・アネ・ヤネス】
 一人目はスイスの超能力者キム・アネ・ヤネス。彼女は2005年12月と2006年1月に「TVのチカラ」(テレビ朝日)の依頼を受けて、次のように透視しています。

○ゆかりちゃんは亡くなっている。
○防犯カメラの男が犯人。
○ゆかりちゃんに頼み事をして外に連れ出した。
○犯人と向かったのは整備されていない森で、
 その中に池か沼がある。木に囲まれていて暗い池。
(手書きの地図からすると太田市の東部あたり)
○ゆかりちゃんはそこで首を絞められた。
○遺体は水の中ではなく、池の近くの土中に埋められている。
○犯人は独身。
○定職には就いていない。
○団地のような集合住宅に住んでいる。
○過去にも幼児を誘拐している。

 遺体が埋められているかもしれない森は、ゆかりちゃんの魂だというオーブが写ったり、ご両親が背中に寒気を感じるなどしたため、一度は絞り込まれました。しかし番組内で大捜索が行われたものの、手がかりは何もつかめませんでした。

 番組では、他にも候補の森はあるとして、今後も捜索を続けていくとしていました。

【ジョー・パワー】
 二人目はイギリスの超能力者ジョー・パワーです。彼は2014年12月に「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレビ朝日)という番組の依頼を受けて来日。次のような透視を行いました。

○ゆかりちゃんは亡くなっている。
○防犯カメラの男が犯人。
○ゆかりちゃんに外に行こうと声をかけて連れ出した。
○犯人の車はあまり大きくない中型の乗用車。白などの明るい色。
○犯人はゆかりちゃんを車に乗せ、最初は事件現場の東にある交差点に向かった。
○その後は前橋市・伊勢崎市方面に向かい、採石場近くの
「壊れた橋」「鉄骨」「古い納屋」が存在する場所で
 ゆかりちゃんを殺害。遺体はそこにある。
○犯人は犬を飼っている。
○犯人はブレーキが壊れたバイクを持っている。
○犯人は事故を起こし現場近くの病院に通院していた。
○ゆかりちゃんの犯人と過去に群馬と栃木で起きた幼児誘拐事件の犯人は別。

 番組では透視結果を受けて場所の絞り込みを起こっていましたが、そこは私有地が多く、無断で立ち入れないため、警察に情報提供するかたちで終わりました。

【ヨルゲン・グスタフソン】
 三人目はスウェーデンの超能力者ヨルゲン・グスタフソンです。彼は2016年1月に「最強FBI緊急捜査 日本未解決事件完全プロファイル」(フジテレビ)という番組の依頼を受けて来日。次のような透視を行いました。

○ゆかりちゃんは亡くなっている。
○防犯カメラの男が犯人。
○ゆかりちゃんに遊ぶ場所か楽しい所に連れて行ってあげると言って連れ出した。
○犯人の車は普通の乗用車で、色はグレー系の目立たない感じ。
 途中でトラックに乗り換えたかもしれない。
○犯人はゆかりちゃんを車に乗せ、最初は事件現場の西にある工場の方へ向かった。
○その後は栃木県佐野市内の2本の塔がある採石場跡に向かう。
 その採石場跡の崖の上にかなり古い家のようなものが建っていて、ゆかりちゃんはそこにいる。
○犯人は独身で社交的ではない。
○犯人は当時30歳くらい。
○顔つきはほっそりしていて、あごが少し長め。
○名前は、「ま」と「い」で始まる。
○犯人は一軒家に住んでいる。外観は茶色っぽい。
 外壁はスレートかモルタル。汚れた感じの木造。
○犯人はゆかりちゃんの前に何人かの子どもを殺害している。

 番組によれば、採石場跡地は「捜索に向けて地権者の許可待ち」だそうです。

 さて透視結果を見比べてみますと、一致しているところもあれば、犯人の逃走経路や、ゆかりちゃんの居場所などのように、それぞれ違っているものもありました。

 ジョー・パワーとヨルゲンは直接現場へ行って透視を行っていましたが、逃走経路はまるで正反対でした。どちらも「光景が見えた」そうですが、本当に見えたのでしょうか。

 ゆかりちゃんの居場所も、番組ではモザイクをかけるなどして特定されないようにしていましたが、私が調べた限りでは太田市東部、前橋市・伊勢崎市方面、栃木県佐野市とみんなバラバラです。

 それぞれ、「ここで間違いない」とか、「他の場所は探す必要がない」とか自信満々に断言していたのが印象的でした。

 今後、事件の犯人が逮捕されるようなことがあれば、あらためて検証したいと思います。
 
posted by ASIOS at 20:10| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

1月6日に「トリハダ 超能力捜査3時間スペシャル」。クリスティ、イリーナ、デビーが登場。

 本城です。
 今年もよろしくお願いします。

 さて、1月6日(水)の19時から、テレビ朝日で「信じる?信じない?トリハダ!世界の超能力捜査3時間スペシャル」が放送されます。

 そこで今回は予習もかねて、ざっと内容を紹介しておきたいと思います。

(1)アメリカの超能力者、クリスティ・ロビネット
 クリスティは、まだ赤ん坊の頃から、幽霊や天使とコミュニケーションを取ることができたと主張する超能力者です。(公式サイト)

 彼女が担当するのは、2004年に起きたアシュリー・ハウリー失踪事件。当時20歳だったアシュリーは2004年6月に行方がわからなくなり、警察や家族がその行方を捜していました。

 しかし残念ながら、2008年にアシュリーはオハイオ州の森で白骨遺体となって発見されます。この遺体発見場所を2008年以前からピンポイントで透視していたと主張しているのがクリスティです。

 この話だけでは、驚くべき透視をしていたかのように思えます。ところがアシュリーの事件や裁判の様子を報じた地元コロンバスの報道記事を確認してみますと、クリスティの透視の話はまったく出てきません。

John Futty「Woman's remains identified」『The Columbus Dispatch』April 9, 2008 (http://www.dispatch.com/content/stories/local/2008/04/09/ASHLEYidD.ART_ART_04-09-08_B1_OG9SH43.html)
Bruce Cadwallader「Triple killer gets life without parole」『The Columbus Dispatch』July 22, 2008 (http://www.dispatch.com/content/stories/local/2008/07/22/macmic.html)

 アシュリーを殺害したのは元ボーイフレンドのロバート・マックマイケルという人物で、当初から第一容疑者だったといいます。また遺体発見場所も、彼が父親と時々住んでいた家の隣の森で、捜索範囲に入っていたといいます。

 さらに遺体が埋まっている場所をピンポイントで教えたのは、マックマイケルの友人で、遺体を埋めるのを手伝ったガレット・カリシュという人物だとしています。
 検察官のジェームズ・ロウによれば、「彼なしでは、我々は遺体を見つけられなかった」そうです。

 このように地元の報道からは、クリスティの出番がどこにあったのか、そして事前に透視していたのか、確認はできませんでした。明日の放送ではどうなるでしょうか。


(2)ロシアの超能力者、イリーナ・リトビナ
 イリーナは昨年10月9日に放送された「奇跡のチカラの謎を解け!世界超常能力TV」(フジテレビ)でも紹介されていました。

 ロシアの「ヴィノグラードフセンター」というところで、犯罪捜査の透視を行っているそうです。しかし残念ながらロシア語がわからないため、情報はほとんどつかめていません。

※イリーナのページ
http://vinogradov-centr.ru/litvina.php


(3)オーストラリアの超能力者、デビー・マローン
 デビーは約20年間、オーストラリアのニューサウスウェールズの警察と共に様々な事件の捜査にあたっていたと主張している超能力者です。

 今回番組で紹介されるのは、その中でも最も注目を集めたというキイシャ・エイブラハムズ(アブラハムズ)失踪事件です。

 事件は2010年8月1日に起きました。当時6歳の少女キイシャが、オーストラリアのマウント・ドルイットにある自宅から忽然と姿を消したのです。

 この事件は大きな反響を呼んだそうですが、それはまだ小さな女の子の失踪事件だったということに加え、実は犯人が、泣きながら我が子の無事を訴えていた母親本人だったからでもあります。
http://www.theguardian.com/world/2013/jul/18/kristi-abrahams-jailed-murder-kiesha
http://jams.tv/Contents/news/view/18609

 番組のサイトで、「恐るべき事件の結末」と書かれているのは、この母親が犯人だったということだと思います。

 それでは、事件を担当したデビーは、このことを透視できていたのでしょうか。私が調べた限りでは、その証拠は見つかりませんでした。

 彼女の事前の透視として確認できるのは、キイシャの遺体がダムに沈んでいるというものです。警察はこの透視を信用し、ダムの水を抜いて捜索したといいます。しかし遺体は見つかりませんでした。
(http://www.dailytelegraph.com.au/news/nsw/psychic-tip-on-missing-kiesha-abrahams-leads-to-water/story-e6freuzi-1225965435704)

 それもそのはずで、実際に遺体が埋められていたのは、キイシャの自宅から南に2、3キロ離れたシャルベイという場所にある低木林でした。ダムは関係がありません。
http://www.news.com.au/national/two-arrested-in-case-of-missing-kiesha/story-e6frfkvr-1226043191911

 それでもデビーはまだ他のダムも透視していました。また母親が真犯人だという話も事前に確認できる記事では出てきません。これはもう完全に外しているのではないでしょうか。

 とはいえ、番組ではうまくまとめるのではないかとは思いますが……
posted by ASIOS at 19:13| Comment(3) | TrackBack(0) | テレビ番組情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする